中立金利とは(水準と計算・調べ方をわかりやすく解説)|株初心者のための株式投資と相場分析方法
本文へスキップ

中立金利とは・政策金利や潜在成長率との関係や見方や水準、調べ方

中立金利


中立金利とは

中立金利(読み方:ちゅうりつきんり|英語:neutral rate of interest)とは、景気に対して中立的な(景気を刺激も抑制もしない)実質金利(インフレ率を加味した金利)の水準のことです。中立金利は「自然利子率」「均衡実質金利」とも呼ばれます。



中立金利は潜在成長率に連動する

中立金利は、「潜在成長率」に連動するとされています。潜在成長率は、潜在的にどれだけ成長できる力があるかを示す指標で、資本や生産性、労働力を目一杯利用した時に達成できる仮想の成長率です。実際の経済成長率が潜在成長率に達しない場合は、不景気と判断されます。日本の場合は2%程度とされており、日本は経済成長率が1%前後で推移していて、潜在成長率2%に達していませんので不景気と判断されます。



中立金利の水準(中立金利が低い・高い、その意味)

中立金利は資金の需給(重要と供給)によって変化し、安全資産へ資金が向かっている場合や、成長率・生産性が低下しているなどの場合は中立金利が低下しやすく、上昇している場合は上昇しやすいです。

中立金利が低ければ、景気が後退した場合に政策金利を引き下げても(利下げしても)効果が薄くなります。ゆえに、長期的な潜在成長率を高める財政や規制緩和の政策が必要とされています。

政策金利は、各国の中央銀行(その国の金融機構の中核となる銀行)が決定する短期の金利誘導水準のことです。日本であれば日本の中央銀行である「日本銀行(日銀)」が、市場の金利を実態経済に合わせた水準に誘導するために引き上げたり引き下げたりしています。

米国の中立金利はテイラールールが意識されやすく、テイラールールでは完全雇用状態にある場合の実質の中立金利は2%程度、目標インフレ率の2%で調整する前の名目の中立金利は4%程度とされています。

テイラールールは、政策金利の適正な水準をインフレーション(持続的な物価上昇)やGDPなどマクロの経済指標によって定める関係式です。テイラールールでは、政策金利は、インフレ率+中立金利+α(インフレ率ー目標インフレ率)+β(GDP成長率ー潜在成長率)÷2で表されます。この場合の「α」と「β」は、正の値を取る定数です。



政策金利と中立金利の関係・その目安

政策金利の長期的な均衡水準は「中立金利+目標インフレ率」とされています。政策金利の長期的な均衡水準は、FOMC(米国の中央銀行制度の最高意思決定機関である「FRB(連邦準備制度理事会)」が開催する米国の金融政策の最高意思決定機関)における「長期的な政策金利見通し(中央値)」が目安となります。

中立金利は、例えばFOMCにおいて「長期的な政策金利見通し」が3%であったとして、目標インフレ率が2%であったなら、FOMCが想定する中立金利は1%となります。中立金利の水準が低いと政策金利の均衡水準も低くなり、政策金利の引き上げは限定的になります。中立金利が低い状況(潜在成長率が低い状況)で政策金利の引き上げ(利上げ)をどんどん進めれば、景気を一気に冷やす可能性があります。



中立金利の調べ方

政策金利の長期的な均衡水準は、FOMCにおける「長期的な政策金利見通し(中央値)」が目安となりますので、想定されている中立金利を調べるには、まずそれを見る必要があります。

FOMCにおける「長期的な政策金利見通し(中央値)」は、FOMCメンバーが適切と考える米国の政策金利「FFレート(米国の短期金利の指標となる金利)」の誘導目標の水準をドット(点)の分布で示した散布図「ドット・チャート」の「FF金利の予想分布」を見ます。

「FF金利の予想分布」は、姉妹サイトの「株式マーケットデータ」の「FF金利の予想分布(ドットチャートより)・中立金利・米経済見通し(FOMC)」のページで確認できますので参照してください。




例えば、上記「株式マーケットデータ」の「FF金利の予想分布(ドットチャートより)・中立金利・米経済見通し(FOMC)」のページの”2017年6月時点”を参考に解説すると、



2017年6月時点において、FOMCは「長期的な政策金利見通し」を3.000%と想定していることを示しています。”19年末”の中央値の欄が”3.000%”となっていると思いますが、それがこの時点の「長期的な政策金利見通し」です。

この「長期的な政策金利見通し」は、FRBが想定している”名目”でみた中立金利を示しています。”名目の中立金利”とは、物価を加味していない中立金利ということです。
この時点において、FRBの目標インフレ率が”2.000%”であるとするならば、”実質”の中立金利は「3.000%−2.000%」で”1%”ということになります。”実質の中立金利”とは、物価を加味した中立金利ということです。

これらを踏まえてもう少し解説すると、例えば今後のFOMCで「19年末に実質の中立金利は1%にはならない、0.5%ぐらいじゃないか?」ということになると、以後のFOMCで「長期的な政策金利見通し」が”2.500%”に引き下げられることになります。

ちなみに、FOMCが公表しているこういった「政策金利見通し」は、すべて短期金利の見通しを示しています。なぜなら、政策金利で誘導するのは短期金利であるからです。

短期金利というのは、お金を貸し出す期間が1年未満の場合に適用される金利(資金の貸借料・使用料。金利を簡単に言えばお金のレンタル料です)のことです。お金を貸し出す期間が1年以上の場合に適用される金利は「長期金利」といいます。



中立金利と実質金利の関係と景気

  • 実質金利が中立金利を上回ると景気抑制
  • 実質金利が中立金利を下回ると景気刺激


中立金利の中央値と予想レンジ(FRB)

[追記]
姉妹サイトの「株式マーケットデータ」の「FF金利の予想分布(ドットチャートより)・中立金利・米経済見通し(FOMC)」のページで、FRBが公表している中立金利の中央値推定レンジの掲載を開始しました。この欄を見れば、FRBが推定している中立金利の水準がひと目でわかります。

例えば、2019年12月時点であれば




FRBは中立金利の中央値を「2.5%」、中立金利の推定レンジを「2.0-3.3%」と推定しているということです。



動画で解説ーYouTubeー



YouTubeで動画で解説も行っています。



関連記事



金利特集

金融商品に投資する場合に必ず見ておかなければならない「金利」に関する主な記事を集めた「金利特集」を、当サイトのトップページの上部で紹介しています。YouTubeの動画解説付きの記事も多いので、動画でもどうぞ。






















わからない用語や詳しく知りたい用語があればページ上部の検索の欄で検索してください。

← 短期金利とはへ戻る | トップ | レポ取引・レポ金利・レポ市場とはへ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは